日々の運動遊びで、自分の体の動きをコントロールできるようになります。

今の子ども達は一昔前に比べて手足は長くなり、体重や身長も増えています。

ただ、体力や運動能力、体の操作能力は低下しています。

体格は向上しているのに、その体をうまく使いこなせていないのです。

 

子ども達の健康な心、体、脳を育てていくために、

運動遊びをたくさんの子ども達に提供していきたいと思います。

 

運動プログラムの「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

床にフラフープを5つほどくっつけて並べておきます。

そしたらそのフープの中だけに手足をついて、

ウシガエルさんで渡っていきます。

ウシガエルは、足を開いてしゃがみ両手を中について、

手→足→手→足の順番でつきながら進んでいく動きです。

足は、手の横か前にくるようにします。

 

フープの中に手も足も入るようにするためには、

先につく手の位置を考えてつかなければいけません。

考えながら体を動かすことで、体の動きを自分でコントロールすることが

だんだんできるようになっていきます。

慣れてきたらコースをアレンジしたりしながら遊んでいきましょう。