2人組みの遊びで社会性やコミュニケーション力を育て、集団遊びへつなげていきましょう。

今の子ども達は「友達と一緒に遊ぶことが苦手」という子が増えています。

人と遊ぶことは、我慢したり相手を気遣ったりルールを守ったりと

1人で遊ぶときには必要でないことが加わるので、

それがうまくできずに1人で遊ぶことが多くなってしまっています。

しかし、これこそが将来社会に出る前の子どものうちから

身につけておくべき力で、とても大切なことです。

いきなり集団での遊びはハードルが高く、適した年齢もあるので

まずは2人組みになって友達と遊んでみましょう。

 

運動遊びプログラムの「ペアで積み木」をご紹介します。

まずは友達と2人組みを作ります。

この時もできるだけ子どもだけの力で決められるように、

大人はすぐに口を出さないことも、

コミュニケーション力などを身に付けるために有効です。

 

2人組みになったら、向かい合って足を前に出して座ります。

そして、足だけを使って1人ずつ順番に積み木を積んでいきます。

高く積むために頭を使いながら、順番を守って遊びます。

順番を守り、相手を待つこと、待ってもらうことで、

子ども達の社会性をしっかり育てていきましょう。

 

高く積み上げるためには足から腹筋にかけての力が必要になります。

まだ力が弱く苦手な子ができなくてつまらなくなってしまわないように、

きれいに横一列に並べる、かごに速く入れるなど

他の遊び方でも遊べるように工夫していきましょう。