段階を追った練習が成功体験を増やし、スムーズな技術の習得にもつながります。

縄跳び、跳び箱、逆上がりなどができるということは、

子ども達にとってとても大きなステータスになります。

反対に、いくらがんばってもできなかった、というような経験は

大きなトラウマのようになり、運動を嫌いにさせてしまう原因になります。

そうならないために、小さいときからの運動遊びで

少しずつ力や感覚を身に付け、動ける体を育てていくことが大切です。

 

今回は、短縄跳びの習得につながる遊びの1つをご紹介します。

運動プログラムの「タオル回しジャンプ」です。

タオルを2本用意し、半分の長さに折って両手にそれぞれ持ちます。

そしたらまずは回す練習をしてみましょう。

後ろ回し、前回しがスムーズにできるようになったら、

次はタオルを回しながらそれに合わせてジャンプもしていきます。

これができたら、タオルを伸ばして長くし、

今度は大きく回しながら跳んでみます。

できたら跳びながら前に進んでいってみましょう。

 

縄ではなくタオルなので、ひっかかることがありません。

子ども達も失敗経験を重ねずに、スムーズに短縄跳びを習得することができます。

段階を追った練習方法で、子ども達の能力を最大限に引き出していきましょう。