子ども達の人数によって遊び方をアレンジすることができるのも魅力の運動プログラムです。

子ども達に運動を提供する時、例えば大縄跳びや跳び箱、鉄棒を行なう場合に、

子ども達が多いと長い行列を作ってしまうことがあります。

これでは運動する時間よりも待っている時間の方が多くなってしまい、

せっかくの運動の時間に体を十分に動かすことができません。

そんな時は遊び方を少しアレンジすると、

全員が一定の運動量をこなすことができます。

 

運動遊びプログラムの「エアー大縄跳び」をご紹介します。

まず、大縄は通常と同じように回します。

子ども達は回っている縄の方を向いて少し離れたところに並び、

縄の動きに合わせてジャンプします。

縄が実際に自分の足元にくるイメージでタイミングを合わせます。

こうすると、誰も縄にひっかかることがないので

ずっとでも跳び続けることができます。

運動量を稼ぐだけでなく、いつもひっかかってしまう子の

ストレスを減らしながら練習をすることにもつながります。

 

縄が1本しかない、子どもの人数が多い、回し手が足りない

といった場合にぜひ遊んで欲しいやり方です。

慣れてきたら体を横向きにして跳んでみましょう。