日常生活の中に運動遊びの要素を取り入れていくのもおすすめです。

継続的に運動遊びを行うことがとても大切ですが、

毎日運動遊びの時間をとることは難しいと思います。

そこで、日常のちょっとしたところに入れていくと

子ども達も抵抗なくでき、自然に力がついていきます。

 

いくつか例をご紹介します。

・トイレに行く時に犬歩きやクマ歩きで行く

・絵本の読み聞かせや朝の会の前にグーチョキパーなどの手遊び

・帰りの会の前にジェスチャーゲームやシルエットクイズ

・お迎えが来た子から一人ずつタンバリンタッチ

 

他にも、移動するときにまねっこ歩きやめだか走りをしたり、

静かに忍者歩きをするなど、工夫次第でどんどん取り込めます。

遊び感覚で行なうことが大切なので、

日常の中にこまめに取り入れていってもらうことがおすすめです。