幼児期に「動ける体」をつくることで、子どもの自信につながります。

子どもにとって「速く走れる」「逆上がりができる」「跳び箱が跳べる」

ということは、大きなステータスになります。

幼児期からたくさん体を動かして基礎力をつけ、

いろいろな体の動かし方を体験しながら「動ける体」にしていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「犬の郵便屋さん」をご紹介します。

犬歩きは、ハイハイのように両手とひざをついて、

足の指先も使って進む動きです。

この犬歩きで、背中に荷物を乗せて運んでみましょう。

背中は見えない部分なので、しっかり意識を行き届かせながら

落とさないようにバランスをとって進みます。

 

このとき、背中に乗せた物が落ちやすいと途中で何度も落ち、

子どもはやる気をなくしてしまいます。

最初は落ちにくい素材や形の物を乗せるようにしましょう。

バランスをとることで腹筋は背筋なども養うことができます。