「クマさんで宝探しゲーム」で判断力・認識力・イメージ力・探す力・コミュニケーション力を育てながら遊ぶことができます。

遊びを通して子ども達のいろいろな能力を伸ばしていくためには、

まずは”楽しくワクワクしながらできること”がとても大切になります。

どんなに良い活動でも、子ども達が”やらされている”と感じながら行なう活動では

能力を伸ばしたり、身につけていくことがほとんどできません。

いつも子ども達の様子をしっかり観察しながら

その子ども達に合った運動遊びを提供することがポイントです。

 

子ども達が本気になって取り組める「クマさんの宝探し」をご紹介します。

ホールの中のいろいろな場所に、おままごとのおもちゃや

積み木、ぬいぐるみなどの宝に見立てたものを複数隠します。

子ども達はクマさん歩きで移動しながら、宝を探し回ります。

途中からヒントを出して、さらに考える力やイメージ力も刺激しましょう。

 

クマさんの動きで、腕で自分の体を支える支持力をしっかり育てながら

同時に様々な能力を養いながら遊ぶことができます。

支持力がしっかり身に付いていることで、

日常生活での顔や歯への怪我が減ります。

腕を使う遊びを積極的に取り入れ、力をつけていきましょう。