平衡感覚、バランス感覚を強く養い、姿勢保持の力をつける平均台遊びのご紹介です。

主に下半身の力を強く育て、しっかりとしたバランス感覚を身につけ、

日常生活での姿勢保持にも役立つ遊びをご紹介します。

 

運動遊びプログラムの「しゃがみカニ歩き(障害物)」です。

平均台を用意し、上に乗ったら横向きで足を開いてしゃがみ、

手は顔の横でチョキにしてカニのはさみのようにします。

この姿勢で平均台の上を横向きに歩いて行きます。

途中で縄がかけてあるので、縄を踏まないように越えて行きます。

子ども達に説明するときには、

「カニさんがお散歩していたら、途中でへびさんがお昼寝してるよ。

踏んで起こしちゃうと噛み付かれるかもしれないから、

踏まないように気をつけて行こうね!」というようにすると、

縄を踏まないことを強く意識付けることができ、

子ども達にもわくわく感が出てきます。

 

横向きにしゃがんだ姿勢で縄を越えていくためには、

足を股関節から上げて、バランスをしっかりとりながら

進んでいく必要があり、足の力や指先の力、腹筋背筋が育ちます。

下半身の力や腹筋背筋は姿勢保持のために大きく役立ちます。

良い姿勢で向かうことは集中力を上げることにつながるので、

積極的に良い姿勢作りのための筋力をつけてほしいと思います。