子ども達の身体の操作力も低下しています。「ジグザグ歩き」で養っていきましょう。

今の子ども達は、体格は向上していても体力や

基礎的な運動能力が低下しています。

手足の器用さも未発達な子が多く、小学生になっても

靴ひもを自分で結べない子、スキップができない子がよく見られます。

便利な時代で、幼児期から家のお手伝いをしたり

遊び道具を自分で考えて作って遊んだりしなくなったことも

手先の不器用さの1つの要因と考えられます。

自分の身体を自分でコントロールして動けるように

運動遊びでも力を育てていきたいと思います。

 

運動遊びプログラムの「ジグザグ歩き&動物歩き」をご紹介します。

まずはテープを床に貼ってジグザグのコースを作ります。

そして、コースの中からはみ出さないようにジグザグに

歩いていってみます。

最初は広めのコースで行い、できたら次は幅を狭くしたコース、

次はその中をクマ歩きやカンガルー、カエルなどの

動物になって進んでいってみましょう。

ジグザグコースなので空間認知力や先を読む力、

そして身体をコントロールする力が養われます。

 

さらに力の育ちを促すために、コースの線をテープではなく

ヨーグルトのカップなどを並べて作って行ないます。

線ではなく点なので、頭の中で点と点を結んで線をイメージしながら

進むことができ、イメージ力も刺激することができます。

 

繰り返し行なうことが大切なので、少しずつアレンジを加えながら

楽しく活動することがポイントです。