「スキップ途中で大ジャンプ」で合図に合わせて動き、人に意識を向けることを覚えていきます。

運動遊びプログラムの遊びでは、運動能力を上げるだけでなく、

社会性やコミュニケーション力、集中力や抑制力なども

身につけていくことができます。

ただ体を動かすだけでなく、頭を使ったり人を意識しながら

動くことでたくさんの力の育ちを促していきます。

 

「スキップ途中で大ジャンプ」という遊びをご紹介します。

まずはみんなで普通にスキップをします。

途中で指導者が合図を出すので、合図があったらその場でジャンプします。

このとき、スキップの姿勢からのジャンプなので、

片足で踏み切り、着地も片足での着地になります。

しっかり足の指先に力を入れて、大きくジャンプし、

着地もフラフラしないでできるようにしていきましょう。

 

跳躍力、足の指先の踏ん張る力、腹筋背筋などが育ち、

合図を聞いて動きを切り替えることで人に意識を向けることができ、

コミュニケーション能力や集中力も育ちます。

合図の出し方をアレンジしてみると、楽しさも増し、

子ども達の聞く力や記憶力なども育つのでおすすめです。