すり足歩きでしっかりと平衡感覚を身につけます。平均台を使っていろいろな方法で遊びましょう。

運動遊びは基本的には裸足になって行ないます。

裸足で遊ぶことで足の指先にしっかり力をいれて

地面をつかむような感覚を育てることができるので、

速く走れるようになり、バランス感覚も良くなります。

できるだけ裸足で活動し、子ども達の持っている力を伸ばしていくことが大切です。

 

運動遊びプログラムの「平均台ですり足歩き」をご紹介します。

平均台の上に乗り、足をできるだけ浮かせないように歩くすり足で

端から端まで歩いていってみます。

子ども達にはすり足のイメージがなかなかできないこともあるので、

先に指導者が見本を見せてから行なうとスムーズです。

良い見本と悪い見本の両方をわかりやすく行なうことが大切です。

 

最初から最後まですり足で進むのは、とても集中力が必要で

普通に歩くときと違って前に出す方の足にも

ある程度力を分散させてバランスをとりながら進まなければいけません。

そこで、通常の歩き方の時よりも強いバランス感覚が身に付きます。

ゆっくりで良いので正確に行なうことを大事にします。

 

すり足の動きが苦手な子は、足の指先の力が不足しているので、

よじ登り遊びなどで力をつけていきましょう。