「マネっこ遊び」で人の話を聞くことや、人前で声を出すことを身につけていきます。

運動遊びの「マネっこ遊び」では、指導者の言葉と動きを真似して遊びます。

指導者が「お腹」と言ってお腹を触ったら、

子ども達も同じように「お腹」と言ってお腹を触ります。

「頭」「ほっぺ」「首」などいろいろな部分を触って遊んでみましょう。

 

ポイントは、動きだけでなく言葉も発することです。

それによって、しっかり指導者の言う言葉を聞こうとするので、

日常生活でも人の話が聞けるようになります。

そして、お友達と一緒に大きな声を出すことで

人前で声を出すことへの抵抗がなくなり、

普段自分の気持ちを言うことができない子も言えるようになっていきます。

 

模倣遊びは子どもの脳の発達においてもとても良い遊びです。

日常的に活動の中に取り入れていき、

子ども達の発達を積極的に促していきましょう。