子ども達の集中力・判断力・柔軟性を養う忍者ゲームのご紹介です。

集中力や判断力、抑制力などは脳の前頭前野が司っている力です。

ここを刺激するような遊び方で、しっかり脳を活性化させていきましょう。

 

運動遊びプログラム「忍者ゲーム(座る、跳ぶ)」をご紹介します。

指導者は新聞紙を丸めて刀に見立てたものを作ります。

子どもは5人くらいずつに分け、横一列に並びます。

指導者は子どもの前に立ち「頭」と言ったら子どもの頭の上を

新聞紙の刀でスイングします。

子ども達は当たらないように手で頭を隠してしゃがみます。

次は「足」と言ったら足元をすくうようにスイングさせるので、

子ども達はジャンプして避けます。

これを繰り返しやってみましょう。

 

「頭」「足」をしっかり聞いて判断し、素早く反応できるように

順番をランダムにしたり、スピードを変えたりして遊びましょう。

さらに難しくするには、「頭じゃない方」など指示の出し方を変えると

子どもの聞く力と判断力を強く育てることができます。