土踏まずを発達させることで転びにくく、疲れにくい体になります。幼児期にしっかり育てましょう。

今の子ども達は、外で体を動かして遊ぶことが少なく、

家の中でもいつも靴下を履いていたりすることで

足の指先を上手に使うことができず、土踏まずも未発達です。

生活の中で土踏まずはとても重要な役割を果たしています。

土踏まずがあるとバランスがとりやすくなるので転びにくくなり、

歩く時の衝撃を和らげるクッションの役割もしてくれるので

長く歩いても疲れにくくなります。

子どものうちにたくさん足を使って遊ぶことはとても重要です。

 

運動遊びプログラムの「三角コーンの積み重ね」をご紹介します。

三角コーンやカップを複数用意し、座った姿勢で足だけを使って

コーンを積み重ねていきます。

コーンは両足で挟んで持ち上げて積み重ね、

小さいカップは足の指でつかんで積み重ねていきます。

足は手よりも遠いので、空間認知や集中力も養えます。

 

短時間にたくさん積み重ねることができるように競争したり、

小さいカップにチャレンジしたりしながら

繰り返し遊び、足先の器用さを身につけていきましょう。