逆さまの状態で遊び、上下左右を置き換えて理解する力を育てましょう。

私たちが逆さまになった時、逆さまの世界で上下左右を置き換えて

理解することができるのは空間認知能力のおかげです。

小さいうちから逆さまになる体験を増やし、

しっかり逆さ感覚を養っていろいろな遊び方で体を発達させていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「コウモリ握手」をご紹介します。

まず、コウモリは鉄棒に両手でぶら下がり、その間に膝をかけた姿勢です。

この状態から片手を離して指導者と握手をする遊びです。

コウモリを怖がらずに行なうことができ、

落ち着いて顎を開くことができるようになったら挑戦します。

 

鉄棒遊びでは、上手な子でも落ちて怪我をしてしまうことがあります。

必ず片手首を持つ補助を行い、安全に遊ぶことが一番大切です。