「ウシガエル」の動きで足を股関節から開くことを覚え、跳び箱の練習になります。

跳び箱の開脚跳びをした時に、足が跳び箱に引っ掛かってしまったり

お尻をついてしまう子には「ウシガエル」の動きが最適です。

足を股関節から大きく開き、足を手よりも前に持ってこられるように

力をつけ、感覚を養っていくことが大切です。

 

運動遊びプログラムの「線路ウシガエル」のご紹介です。

まず2本のテープで床に20センチ幅ほどの線路を作ります。

線路の中に両手をパーにしてつき、足は線路の外側につくこと、

手足が同時にジャンプしないように、手→足→手→足の順で進むこと、

顔が下を向いていると前のめりに転びやすいので顔は上げること、

などのポイントを子ども達に見本を見せながら確認します。

 

最初のうちは手の横に足がもってこられればOKです。

徐々に、手よりも前にくるように挑戦していきましょう。

腕の支持力がより強くなり、跳び箱を跳び越す動きにつながります。

そして、足も付け根から開くことができれば

跳び箱を跳んだ時に引っ掛からなくなります。

 

子ども達が何かにつまづいた時は、その原因を見極め、

足りない部分を補うような練習を取り入れると

子ども達も達成感を感じながらスムーズに習得していけます。