「合図で順に前転」遊びで集中力をつけ、大きな達成感を感じることができます。

子ども達が運動をする上で、達成感を感じることは次へのやる気につながり、

「またやってみたい。」「もっとうまくやってみたい。」という気持ちが

結果的に運動の上達につながります。

子ども達がたくさん達成感を味わうことができるような

提供の仕方をいつも心がけることが大切です。

 

運動遊びプログラムの「合図で順に前転」をご紹介します。

合図で一斉に前転する遊びの次に行なっていきます。

マットを複数用意し、横に並べます。

子ども達はマットの端に一列に並び両手と頭をつけ、

お尻を上げて前転の準備姿勢になります。

全員が準備姿勢になったら端の子から順番に前転をしていきます。

今どこまで順番がきているかをしっかり集中して感じながら、

自分の番がきたらリズム良く行ないます。

そして、前転をし終わったらいつまでもマットの上にいると

次の子とぶつかってしまうので、すぐにマットを降りて

ポーズをとることろまでしっかりやるようにします。

 

右からスタートしたり左からスタートしたり、

順番を入れ替えたりしながら遊んでいきます。

最初の子から最後の子まで、スムーズにつなげていくことができると、

子ども達もとても達成感を感じることができます。

集中力や判断力も身に付くので、変化をつけながら

たくさん遊んでいきたい遊びの1つです。