運動遊び「タイミングジャンプ」で大縄跳びでのポイントをしっかり押さえます。

小学校になるとほとんどの学校で大縄跳びを行なうと思います。

大縄跳びの動きは、動いている縄の中に入って

タイミングを合わせて縄を跳び越すことを連続で行なうものです。

この、動いている縄にタイミングを合わせることと、

連続ジャンプのために同じ場所で跳ぶことを覚える遊びが

運動遊びプログラムの「タイミングジャンプ」です。

 

まずは床にテープを使って2本のラインを引き、

子どもはその中に入るようにします。

このラインの幅は20~30cm程にします。

そしたら指導者が縄を床につけたまますべらせてくるので、

縄が自分の足元にきたらジャンプして跳び越えます。

このとき線の中から出ないように気をつけましょう。

 

縄を良くみて跳び、線の中から出ないように同じ位置に着地することを

繰り返し行なうことで覚えていきましょう。

上手になってきたら縄を動かすスピードを上げて、

連続で跳べるように練習していくことで大縄跳びの上達につながります。

 

楽しく遊ぶ工夫として、縄をヘビに見立てたりするのも1つの手です。