「めだか走り」で安定して走れる力をつけ、かけっこで活躍しましょう。

運動会のかけっこやリレーで速く走って活躍するためには、

安定してまっすぐ走ることが必要です。

運動遊びプログラムの「めだか走り」で、

腕振りの力を使わずに安定して走れるように練習しましょう。

 

めだか走りは、両手を前に伸ばして手を合わせた状態で走るので、

腕の反動を使って走ることができません。

そのために、まっすぐフラフラせずに走る力がつき、

カーブの曲がり方や障害物を避けるような動きも上達します。

 

指導者の後ろに子ども達が一列になってめだか走りで走り、

速さを変えたりクネクネ曲がりながら走ったりすることで、

楽しみながら力をつけることができるのでおすすめです。