「カエルの足打ち」で跳び箱や側転の練習になり、子どもに不足している腕の力を育てることができます。

”腕で体を支える力(支持力)”は、転んだ時にも体を支えて

顔への怪我を防いでくれる力なので、とても重要な力です。

しかし、今の子ども達はこの力が十分に育っていないのが現状です。

そして、私たちの運動プログラムを継続的に実施している保育園や

幼稚園では、転倒による顔への怪我が激減しています。

運動遊びにより体のバランス力やコントロールも育つので、

転びにくくもなります。

日常的な運動遊びで、怪我を防ぎ健康な心と体と脳を育てていきます。

 

運動遊びプログラムの「カエルの足打ち」をご紹介します。

しゃがんで両手をパーに開いて床についたら、

足を蹴り上げて後ろでパチンと足打ちをします。

最初は足を上げる位置が低くても良いですが、

徐々に高く上げられるように挑戦していきます。

あまり勢いよく上げると後ろに転倒するので補助も必須です。

回数は、1回から2回3回と増やしていけると良いですが、

2回できればOKです。

 

腕にかかる負荷が大きくなるので、マットの上で行い、

腕が曲がってつぶれてしまう子は無理に行なわず、

クマ歩きやウシガエルで腕の支持力をしっかり養っていきます。

床だけでなく跳び箱を使ったりしても遊べるので、

変化をもたせて子ども達が楽しくできるようにすることが大切です。