かけっこで速く走るために必要な足の指先の力を育てる遊びのご紹介です。

今の子ども達はいつも靴や靴下をはいているので、

足の指先の力が育たず、バランスが悪くすぐに転んだり、

姿勢を維持することができなかったりします。

裸足になって足の裏や指先をたくさん刺激すると、

足の指で地面をつかむ感覚が身に付き、速く走ることができ、

日常でも転びにくくなります。

運動会の練習を始まるこの時期、かけっこやリレーで

速く走れるように裸足のつま先歩きで鍛えましょう。

 

では、裸足になってつま先歩きで障害物を越えていく遊びのご紹介です。

コースは子ども達の待ち時間が減るように複数つくります。

30cmほどの幅のコースの中に積み木やカプラなどを

狭い間隔で配置していきます。

当たったら倒れるような物がおすすめです。

指導者の上手なお手本が子ども達にとって一番の動機付けになります。

始める前に上手なお手本を見せ、子ども達が

「やってみたい!」となるようにもっていくのがポイントです。

 

足の指先の力の他にもバランスを取ることで

腹筋や背筋といった体幹の力、集中力や空間認知といった力も育ちます。

子ども達の気持ちをひきつけながら遊ぶことが大切です。