「まねっこ走り」で運動量を確保しながら模倣力、判断力などを養います。

運動遊びプログラムの「まねっこ走り」は、

一列になって先頭の人の動きを真似しながら走る遊びです。

最初のうちは指導者が先頭に立って行ないます。

走りながら、まずは手を上に上げたり横に広げたりする簡単な動き、

次第に拍手やスキップ、後ろ走りなどにも挑戦していきましょう。

いきなり難しい動きを取り入れると、子ども達はやる気をなくし、

適当に動くようになってしまいます。

簡単な動きから始めることや、子どもが走りながらでも真似しやすい速度、

動きを変えるタイミングなどを考えながら行ないましょう。

慣れてきたらクマ歩きやカンガルーさんでもやってみてください。

さらに、子どもに先頭の役をやってもらっても良いです。

 

走りながら腕を動かしたりすることは、

バランスをとりにくくすることになるので、

安定して走るために腹筋や背筋をしっかり使います。

模倣力や集中力をつけながらも、体の力もしっかりと育てていきます。

また、走りながら行なうことで子ども達全員の

運動量を確保することもできます。

いろいろ工夫しながら遊んでいきましょう。