「開脚ゆりかご」で強い腹筋力をつけ、上半身と下半身の連動性を高めます。

運動遊びプログラムの「ゆりかご」は、

仰向けに寝転がって足を揃えて上げた状態から反動をつけて

一気に起き上がるという動きです。

これを足を開いた開脚状態で行なうのが「開脚ゆりかご」です。

足を開くことで力が入りにくくなるので、

より強い腹筋の力と、上半身下半身を連動させた反動力を使います。

 

寝転んで足を上げる時は、足をできるだけ高く上げ

しっかり反動をつけて一気に起き上がってみましょう。

腹筋の力がまだ弱くてなかなか起き上がれない子には、

反動をつけたときに後ろから背中を押してあげます。

腹筋を強くしていくことはもちろんですが、

何度やってもできないのでは楽しくなくなってしまうので、

足を閉じても良いことにしたり、

何回かはそうして補助をしてあげることで成功体験を

させてあげることも大切なポイントになります。

次につながるような声掛けや補助が大切です。