考えながら動くことは脳を鍛えるのに最適です。スムーズな体の動きを目指していきましょう。

私たちの脳が、体に「動け!」と指令を出すには、

脳の前頭前野でその運動のプログラミングができていなければいけません。

これがスムーズに行なわれていると、体の動きもスムーズになり

できていなければ動きはぎこちなくなってしまいます。

動きを理解して記憶し、引き出しながら動くことを

繰り返し行なって能力を高めていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「グーパー跳び」のご紹介です。

まずは、「グー」と「パー」の動きを覚えます。

「グー」は腕を曲げて胸につけ、足はぴたっと閉じます。

「パー」は腕はバンザイで開き、足も横に開きます。

動きを理解したら、次は指導者の声に合わせて動きます。

 

慣れるまでは、指示に合わせて手足の動きを同時にコントロールすることが

難しいので、ゆっくり「グー、パー」の順で行ないます。

慣れてきたらスピードを上げたり、「グー、パー、パー、グー」

としていくと子ども達も盛り上がって楽しめ、

聞く力や判断力、切り替え力も養うことができます。

苦手な子には、指導者が目の前に立ち、

鏡のようになって動いてあげると良いでしょう。