椅子に座る時足が開いてしまう子がいませんか?カニさん歩きが効果的です。

椅子に座ったとき、背筋が曲がって足がだらーんと開いた状態に

なってしまっている子を見かけることがあります。

こういった子達は、姿勢を作るための筋力、

腹筋背筋や、足を閉じているための内股の筋力が不足しています。

子どもにはただの筋トレではなく、楽しくできる

運動遊びで筋力をつけていくのが最適です。

 

良い姿勢作りに効果のある「平均台でカニ歩き」をご紹介します。

平均台は2本くっつけて並べ、子どもはその上に横向きに乗ります。

そして、手を上げて顔の横でカニさんのチョキにします。

この姿勢で横向きにカニ歩きをして平均台を渡ります。

横歩きの動きが足の内股の筋力を刺激します。

そして、狭い足場でバランスを取るために腹筋背筋といった

体幹の力が養われていきます。

 

こうした遊びで、いつの間にか基礎筋力が育ち

普段の姿勢がよくなれば子どもにとっても良いことだらけですね。