「すずめ」で前回りのポイントを押さえて、スムーズな習得を目指します。

鉄棒の前回りは、小さいうちから取り組める遊びですが、

ポイントや感覚を身につけていないと、怖さや痛さから

苦手意識を持ってしまうこともよくあります。

前段階の遊びを経験しておくことがとても大切になります。

 

柳沢プログラムの「すずめさん」は、前回りの前段階の遊びです。

鉄棒につかまって跳び乗ったら、肘を伸ばしてまっすぐにし、

鉄棒はおへそと骨盤の間辺りに当たるようにします。

そして、足も閉じてまっすぐ伸ばして顔を上げたら完成です。

まずは鉄棒の上での高所感覚に慣れ、腕を伸ばして鉄棒が

正しい位置に当たっていることがとても大切です。

鉄棒が他の位置に当たっていると回るときに痛くなって、

鉄棒遊びをすることに抵抗を感じるようになってしまいます。

 

また、すずめさんが木に止まっている様子をイメージしながら

すずめになりきって遊ぶのもポイントです。

ストーリー設定をしながら楽しく導入していきましょう。