「焼いもごろごろ」で手足の先まで意識を向け全身の調整力を養い、回転感覚を養います。

前転や側転、鉄棒の逆上がりや前回りを行なうためには

必要な筋力はもちろんですが、回転する感覚を身につけることが大切です。

回転感覚が身に付いていないと失敗から怪我をしたり、

恐怖心を抱いてしまい、なかなか上達することができません。

しっかり回転感覚を身に付けておき、

その後につなげていくことが大切になります。

 

平地で簡単に回転感覚を身につけることができる遊び

「焼いもごろごろ」をご紹介します。

マットの上に寝転がり両手はバンザイのように伸ばします。

足もまっすぐに伸ばしてそのまま横向きに転がっていきます。

体が曲がるとまっすぐ進めないので、

手足をまっすぐ伸ばして目線は手を見ながら転がります。

連続して回転していくために腹筋背筋も使うので、

姿勢保持のための筋力もつきます。

コースをアレンジしたり、友達と手をつないでも

楽しく遊べるのでおすすめです。