段階を踏んだ運動遊びで、運動能力の向上を目指しましょう。

柳沢プログラムの「クマの忍者修行」をご紹介します。

この遊びでは強い腕の支持力を鍛えながら、

側転の動きへとつなげていく要素があります。

クマさん歩きや片足クマさんなどで腕の支持力がある程度ついてから

提供し、力不足による顔への怪我を防ぎましょう。

 

遊び方はマットを2枚用意し、間を40センチ程空けて並べます。

子どもはその間に入り、クマさん姿勢になります。

そして、手はついたままで足だけを右から左、左から右へ

ジャンプして遊びます。

着地点を見ようと顔が下を向いてしまいがちですが、

足が高く上がった時に後ろに転倒してしまうことがあるので

顔はしっかり前を向いて行なうことがポイントです。

慣れてきたら左右にジャンプしながら前に進んでみたり、

マットの間を少し広げてみたりしながらレベルアップし、

足もできるだけ高く上げられるようにしていきます。

 

腕にかかる負荷が大きくなるので、腕の支持力が弱い子には

しっかり補助に入ることが大切です。

楽しく安全に運動遊びを行い、運動能力の向上を目指しましょう。