自分の体を思い通りに動かせるように工夫して遊びましょう。

最近の子ども達には、普段から友達と一緒に遊んだり、

体を思いっきり使って遊ぶような遊びをしない子が多くいます。

日常的に体を動かしていないと、運動面だけでなく、

学習や生活の場面でも影響が出てきます。

肥満になったり、歩いているだけなのにすぐ転んだり、

姿勢が悪くなることで集中力が落ちたりと

様々な悪影響を及ぼすことにつながります。

小さいうちから体を動かすことを習慣つけて、

心も体も健康を保てるようにしていくことが大切です。

 

今日は「跳び箱からフープ内ジャンプ」をご紹介します。

2段の高さの跳び箱を用意し、着地場所にフープを置きます。

跳び箱に上に立ったら、フープの中に着地するようにしてみましょう。

ジャンプと着地のときは、両膝をくっつけたジャンプで

脚力、足の指先の力、腹筋背筋もしっかり刺激しましょう。

 

目でしっかりフープの位置を確認し、それを体のコントロールへと

つなげていくことで脳から体への情報の流れができ、

体を思ったとおりに動かせるようになっていきます。

自分の体が思うように動くと、運動することが楽しくなります。

楽しく運動することは脳の働きを活性化してくれるので、

その後の集中力がぐんと高まります。

学習への影響もあるので、子ども達がたくさん体を動かすことが

できるように、楽しい運動遊びをたくさん提供していきたいと思います。