2人で息を合わせて遊ぶ「運転手さん」で相手を意識し、社会性を高めましょう。

最近の子ども達の中には、友達と遊ぶことがうまくできない子が多くいます。

小さい頃から近所の友達と遊ぶ経験がとても少ない、

学校が終われば塾や習い事があって友達と遊ぶ時間がない、

といったような経験不足もあり、友達と一緒に遊ぶことが

上手にできないという子がとても多くいます。

子ども達は友達との遊びの中から、社会性や協調性、

コミュニケーション能力などの様々な能力をつけるのに、

そのための遊びの時間がなかったら力は育ちません。

子どもの時にしかできないことをたくさん経験して、

大人になるための準備をしていってほしいと思います。

 

今日は運動遊びの「運転手さん」のご紹介です。

子どもは2人ペアになります。

1人は仰向けになり手足をくっつけてまっすぐにし、

”気をつけ”のような姿勢になります。

もう1人はその足を持ち上げて、足の裏を自分のお腹にくっつけます。

そして足首をつかみ、お腹で押しながら前に進んでいきます。

スムーズに進むには仰向けの子が体に力を入れてまっすぐになること、

押す子もそれに合わせて力を入れて押すことです。

どちらか一方が力を入れていないと、

うまく力が伝わらないので前に進むことができません。

2人で息を合わせながらタイミングよく力を入れることを

繰り返し行なう中で身につけていきましょう。

相手を意識して動きを合わせることが、

子ども達の社会性の力を強く育ててくれます。