平均台遊び「芋虫バランス」で体幹、腕の力をつけます。

私たちが歩いたり走ったり、ジャンプしても

バランスを崩さずに動けるのは、体幹の力があるからです。

体幹の力が不十分だと、まっすぐ走れなかったり、

ジャンプして着地で転んでしまったりします。

子ども達がこれでは困るので、幼児期からたくさん運動遊びをして、

基礎筋力を育てていくことが必要です。

 

今日ご紹介するのは「芋虫バランス」という遊びです。

平均台を2本用意し、くっつけて並べます。

子どもはその端にうつ伏せで乗り、足はまっすぐ伸ばし、

手は平均台の両サイドを挟むようにして持ちます。

この姿勢から、腕を伸ばして平均台をつかみ、

肘を曲げて体を引き寄せて前に進んでいきます。

腕の力だけで進んでいくので、足に意識を向けるのを忘れがちですが、

足にもしっかり力を入れていないと、

バランスを崩して足が横に落ちてしまいます。

手と足の両方を意識して行なうように練習しましょう。