相手を気遣うことを覚える「ボール足挟み渡し」でコミュニケーション能力を高めましょう。

人を思いやった行動をすることは、良い人間関係を構築していく上で

とても必要なことです。

そして、それも幼児期の人との関わりの中で身につけていきます。

同年代の友達と遊ぶことはもちろん、

年下や年上の友達ともたくさん関わって遊ぶことで

上手な関係性の作り方や言葉遣いなども覚えていきます。

自分中心ではなく人のことを思いやることができるように、

遊びの中でもその要素を取り入れてみましょう。

 

運動プログラムの「ボール足挟み渡し」では、

足でボールを渡すので手で渡すよりも丁寧に行なう必要があります。

そこで、相手の立場になって考えることを学びます。

やり方は、友達と2人組になって向かい合って座ります。

そして、手は後ろについて両足の指先(内側)でボールを挟み、

相手にそのまま足で渡します。

受け取る方も同じように足で挟んで受け取ります。

この時に、ボールの距離や高さ、足を離すタイミングなどを考えて

合わせなければスムーズに行なえません。

 

普段から、”こうしたら相手はどうかな。”と考えることが

できるようになると、喧嘩をした後でもきちんと仲直りができます。

このように、体も心も育てるのが柳沢プログラムです。