「さるのボール投げ」で友達と競争し、勝つ経験負ける経験を増やしましょう。

子ども達は遊びの中で友達と競争し、勝つことや負けることを経験し、

いろいろな感情を感じながら成長していきます。

勝つことも負けることも両方経験することがとても大切です。

子ども達を競わせるときには、力のある子がいつも勝つような

パワー系の遊びにかたよらず、手先の器用さや、

持続性を求めるようなものなどを取り入れ、

普段はおとなしくて運動では目立てない子も

勝つ経験ができる場面を増やしていくことも意識しましょう。

 

鉄棒遊びの「さるのボール投げ」をご紹介します。

鉄棒につかまってぶらさがり、おさるさんになります。

そしたら下に置いてあるボールを足の先で挟むようにして持ち上げ、

体を揺らして反動をつけたら一気に前に投げ飛ばします。

この時、できるだけ肘を曲げて行なえるようにしましょう。

 

一定の方向に飛ばせるようになったら、

かごを置いて、中に入れられたら何点というようにして

競争してみましょう。

そうすることで、子ども達も本気で取り組むことができます。

個人戦やチーム戦などやり方も子ども達と考えるようにすると、

自分達で決めたことはしっかり守りながら

さらにやる気になって向かうことができるのでおすすめです。