3歳を過ぎると手先が器用になり、足の力もついて上手にバランスが取れるようになってきます。

3歳児になると身体的、精神的にも大きく成長し、できることが飛躍的に増えます。

手先が器用になりボタンの留め外しや、

折り紙やハサミが使えるようになってきたり、

自分で靴や靴下がはけるようになります。

バランス感覚が備わってきて平均台を渡れたり、

後ろ向きで歩いたりすることもできるようになります。

この時期にはさらに積極的に体を動かす機会を作り、

さらに心と体の成長を促していってほしいと思います。

 

そして、走ってきて急に止まることもできるようになるので、

ぜひこんな遊びを取り入れて語彙力も養っていきましょう。

「スタート&ストップ」という運動遊びです。

子ども達は横一列に並んで待ちます。

指導者のスタートの合図で一斉に走り出し、

ストップの合図でピタッと止まります。

だらだら止まらずにピタッと静止することがポイントです。

 

さらに発展させていくために、スタートとストップの合図を

他の言葉で工夫してみましょう。

言葉の他に手たたきや絵カードなどを使っても良いです。

ただ同じことを繰り返すだけでは子ども達も飽きてしまうので、

子ども達にアイデアを考えてもらったりしながら

楽しく体を動かす時間を大切にしていきましょう。