「うつ伏せレスキュー隊」遊びで鉄棒に必要な腕の懸垂力をつけられます。

運動遊びプログラムの「うつ伏せレスキュー隊」は、

レスキュー隊になりきって腕の力を育てる遊びです。

縄は端を固定するか指導者が持ちます。

子どもは反対側の縄の端でうつ伏せになり、両手で縄を持ちます。

足はまっすぐに伸ばしてくっつけた状態で、

片手ずつ腕を引き付けるようにして進んで行きます。

腕の力が弱くて進めない場合は足も使ってかまいません。

それでも進めない場合は、子どもが縄を両手でつかんだ状態で

指導者が引きずってあげましょう。

 

レスキュー隊なので、行き着いた先のところに目標物があると

子ども達はわくわくしながらやる気を持って取り組めます。

わくわくしながら行なう活動が、一番子ども達を育てます。

いつも子どもの様子を観察し、子ども達が全力で楽しく遊んで、

力をつけていけるような指導が行なえると良いですね。