活動の中で子ども達が目標に向かってがんばり、達成できるようにしていきましょう。

跳び箱や鉄棒で楽しく遊ぶためには、高所感覚に慣れておくことも必要です。

そこで、跳び箱を跳ぶのではなくよじ登って遊んでみましょう。

 

3~6段くらいの跳び箱を用意し、高さは子ども達によって調節します。

手の力でよじ登って上に着いたら、バランスを取りながら

四つんばいで180度向きを変え、後ろ向きになります。

そしたら後ろ向きのまま足から先に下に降りていきます。

この時下は見えないので、足の指先に神経を集中させながら

空間認知の力を使って落ちないように降りていきましょう。

 

上に上ったときに怖さを感じている子が多い場合は

跳び箱の高さを低くします。

この時低い高さでは物足りないような子には、

高さではなく、”速さ”でのレベルアップを促しましょう。

できるだけ速く行なえることを目指し、敏捷性を養います。

全員が全力を出して挑戦できるように目標を作って

達成できるようにしていくことも、

子どものやる気を育てていくために大切なポイントです。