「操り人形ごっこ」で子どもの社会性コミュニケーション能力を育てます。

運動遊びプログラムの「操り人形ごっこ」をご紹介します。

一方が操る役、もう一方が人形役になります。

2人ペアで行なっても、指導者対子ども達で行なっても良いです。

操る方の人は、「右手を上げて」「足を開いて」など

声だけの指示や、自分の体の動きを真似するようにしても良いので、

相手にわかりやすいように指示をしましょう。

人形役の人は相手をよく見て形の真似をします。

 

人をよく見て自分の体を同じ形にすることは、

人に興味を持つことで社会性やコミュニケーション力をつけ、

脳のミラーニューロン系を刺激するのでおすすめです。

どうすればその形になるのかイメージして体を動かし、

たくさん頭を使いながら遊びましょう。