子どものやる気を引き出すには”動機付け”が大切です。

子ども達に学習でも運動でも何か課題を与えて、

やる気を出して取り組んで欲しいとき、必要なのは「動機付け」です。

ただ与えられた課題をこなすのは苦痛で、

楽しさはないので力を発揮することもできず、

その子の力になるものはほとんどないといえます。

それをやりたいと思えるような動機付けをすることで、

やる気スイッチを入れ、子どもの意欲を引き出すことができます。

 

柳沢運動プログラムではそのためのヒントがたくさんあります。

動物に変身し、ストーリー展開していくことで

子ども達の興味を惹きつけることができます。

 

跳躍力、空間認知などを育てる「カエルの縄越え」をご紹介します。

カエルは足を開いてしゃがみ、両手をつけて真ん中について

手足同時にジャンプする動きです。

このカエルさんで5センチほどの高さの縄を跳んでいきましょう。

縄は複数張り、連続して渡っていけるようにします。

カエルさんになりきって、障害物に当たらないように進めるように

意識付け、ストーリー設定で楽しく遊んでいきましょう。

 

楽しく体を動かした後は集中力が高まります。

朝の活動に運動遊びを入れることで、その後の活動への

集中力が高まります。ぜひ、朝から体を動かす習慣をつけましょう。