抑制力、腕の支持力、空間認知、先を読む力を育てる「クマ鬼ごっこ」です。

鬼ごっこは、体を動かしながら頭を使うとても良い遊びです。

鬼や周りの友達を常に意識しながら逃げるので、

空間認知や先を読む力がとても育ちます。

この鬼ごっこをクマさんの姿勢で行なうことで、

さらに腕の支持力や最後まで立ち上がらないので抑制力も育ちます。

ただ、途中で腕が疲れてくるのでマットを用意して、

マットの上はつかまらない休憩場所とします。

 

クラス全員で行なう場合は逃げる方向を時計周りだけにしたり、

男女で分けておこなったりして、衝突による怪我を防ぎましょう。

また、鬼の役は最初は指導者が行い、ルールがわかったら

子ども達にやってもらい、楽しく遊ぶ時間にしましょう。