動きを組み合わせた遊びで先を見越した体の動きができるようにしていきます。

運動の場面でも、日常生活のあらゆる場面でも、

先を読みながら行動することはとても役立つ力になります。

次の動きに備えた動き、次の動きをイメージしながら動くことを

運動遊びで遊びながら身につけていくことができます。

 

柳沢プログラムの「ゆりかごからロケットジャンプ」は、

2つの動きを連続して行い、下半身から上半身への動きを連動性を高めます。

まず、床に仰向けに寝転がり膝を曲げて背中を丸めて、

体を前後に揺らすゆりかごになります。

何度か揺れて反動をつけたら、手をつかずに一気に起き上がります。

そのまましゃがみ姿勢から両手を頭の上で合わせ、

真上に向かってロケットジャンプします。

 

ゆりかごの状態から続けてジャンプにつなげるために、

動きをイメージしながら行なう必要があります。

何度か繰り返して行なうことでだんだん力の連動がうまく

できるようになってきます。

ジャンプ遊びは子ども達も大好きな遊びなので、

たくさん取り入れて腹筋や足の力をつけてほしいと思います。