人の表情を読み取る訓練を「表情当てゲーム」でしていきましょう。

社会生活において、人の表情を見て気持ちを察し、

それに応じた行動ができることは必要不可欠な能力です。

人の気持ちがわからない、空気が読めない、

そんな行動をする人は周囲から嫌がられてしまいます。

発達障害が原因の場合は、本人の努力だけではどうしようもないので

療育を行なって改善していくことが必要になりますが、

幼少期から人の表情を見て気持ちを感じ取ることを

遊びの中でしっかり身につけていきましょう。

 

柳沢プログラムの「表情当てゲーム」のご紹介です。

指導者が子ども達に向かって、喜怒哀楽の様々な表情を見せます。

子ども達にわかりやすいように大げさにし、

わかりにくい場合はジェスチャーなどもつけてみましょう。

一通り当てられたら、次は出題者を子どもにやってもらいます。

恥ずかしがっていたら隣で一緒にやってあげましょう。

 

その表情はどんな気持ちの表れなのかを理解、記憶し、

今後の生活に活かしていきましょう。