鉄棒、跳び箱、側転に必要な力を育てるには「片足クマさん」です。

一昔前に比べて、子ども達の身長や体重などの体格は向上していますが、

体力や、運動能力は低下しています。

手足が長くなっても、それをうまく使いこなすことができていないのです。

運動遊びで基礎的な力を養い、自分の体を

自分でコントロールできるようになっていってほしいと思います。

 

柳沢プログラムの「片足クマ」は、全身をバランスよく

育てることができるとてもおすすめの遊びです。

クマさんはハイハイの姿勢から膝とお尻を上げて前を向きます。

ここから片足だけ上げて歩くのが片足クマです。

片足を上げる動機付けとして「遊んでいたら足を怪我しちゃった」

などとすると、子ども達もわかりやすく意識しやすくなります。

 

この片足を上げたクマさんの動きは、両手と1本の足で進むので

より強く腕の支持力が鍛えられ、腹筋や背筋も育ちます。

これによって、鉄棒、跳び箱、側転に必要な力がつき、

これらの動きの上達が早くなります。

子ども達の怪我を防ぐためにも、基礎的な力をしっかりつけて

安全に楽しく動ける体作りをしていくことが大切です。