縄跳びも段階を追った練習で習得していくとスムーズです。

柳沢プログラムでは、縄跳び、跳び箱、側転、逆上がりなどの動きを

段階ごとに分け、スモールステップで習得していけるようになっています。

縄跳びでも、腕を回す、跳ぶ、跳び越す動きを

さらに細かくいろいろな遊びから習得していきます。

 

縄を跳ぶためには縄をよく見てタイミング良く跳びこすことが必要です。

その練習になるのが「小波跳び」です。

小波跳びでは、大縄を回さずに左右にゆらゆらと揺らします。

子どもはその縄をよく見て跳び越して遊びます。

その時、動いてくる縄に向かって跳んだり、

跳びながら進んでいってしまわないように気をつけましょう。

足元にテープなどで四角い枠を作っておくと

視覚で認識できるのでわかりやすくなります。

足を閉じたカンガルージャンプで、腕振りも使いながら

リズム良く連続で跳べるくらいまで練習していきましょう。