子どもの運動能力を上げるだけでなく、生活面にも良い影響をもたらす運動プログラムです。

私たちが運動遊びを通して子ども達に身につけてもらいたい力は、

「落ち着き、我慢する力」「姿勢作り、転倒防止」

「感情のコントロール」「集団活動」「コミュニケーション力」

「歩行の安定」「怪我の予防」「手先の器用さ」

といった能力です。

日々の運動遊びへの取り組みで、成長に必要な力をつけ、

日常生活でも良い影響を与えることができます。

 

運動プログラムの「忍者カンガルー」をご紹介します。

まず、縄かゴム紐を用意し子どもの膝くらいの高さに張ります。

両足をくっつけたカンガルージャンプで縄を跳び越します。

忍者がつくので、敵に見つからないように静かに跳び越えるという

設定で静かな着地を意識つけることができます。

着地で音が鳴らないように、膝のクッションを使って

足の指先に力を入れて音が鳴らないようにします。

 

そして縄の高さが膝の高さになると、しっかり跳ばなければ

引っ掛かるのでより空間認知と跳躍力が育ちます。

縄跳びの時に、縄に対して恐怖心を持ってしまう子もいるので、

止まっている縄を遊びに取り入れていくことでも

縄に慣れていくことができます。

ポイントをしっかり押さえた動きをすることで

より力の発達を促していけるので、

正確さを大切にして行なうことが重要です。