前回りの練習には、子どもに合った高さの鉄棒で恐怖心を取り除くことが大切です。

鉄棒で前回りをするときに、頭が下になった途端手を離して

下に落ちてしまう子がいます。

手を離してしまう理由は、頭が下、足が上という普段と違う感覚に

慣れていないことで「落ちる!」という感覚が先走ってしまい

手を出して、落ちたときに備えようとしてしまうのです。

それを繰り返しても恐怖心はなくならず、

落ちる経験を繰り返すことでさらに悪循環になってしまうので、

子どもが恐怖心を感じないような方法で練習することが必要です。

 

まずは子どもの腰骨に鉄棒が当たるようにします。

鉄棒の高さはそんなに低く調節できないと思うので、

功技台などを置いてその上に子どもを立たせることで調節します。

この高さだと、頭を下げたときに足が宙に浮かないので怖くありません。

鉄棒を握ったら、おでこを膝にくっつけるように促します。

あと10センチほどでくっつくところまで来たら、

補助者が子どもの足を浮かせるようにすると

体でしっかり鉄棒を挟んだ状態になるので安定します。

これで回れるように練習をしていくと、

恐怖心を感じずに前回りの習得ができるのでおすすめです。

 

段階を追った方法で、子ども達の成長を促していきましょう。