強い支持力を養える「ウシガエル」で跳び箱を跳ぶ練習になります。

保育園や幼稚園、小学校などで行なわれる跳び箱は、

跳躍力の他にも腕の支持力がとても必要な遊びです。

支持力をしっかりつけてから行なわなければ怪我の原因になります。

「ウシガエル」で腕の力をつけていきましょう。

ウシガエルは足を大きく開いてしゃがみ、

両手をパーにしてくっつけるようにして前につきます。

手を前についたら、足が手よりも前に来るようにジャンプします。

足を動かすときに全体重が腕にかかるので、

腕に強い負荷がかかり力が養われます。

 

力がまだ十分でない子は腕が曲がって、

顔から転んでしまうこともあるので補助に気をつけます。

子どもによっては、無理に足の位置を手より前にしなくても良いので、

少しずつ前に持っていけるように促していきましょう。