2人スキップで人に動きを合わせ、社会性の力を養います。

私たちが社会の中で生きていくために必要な社会性という能力は、

子どもの頃からの経験によって学習し、身に付いていきます。

幼児期から多くの友達と遊び、力を養うことが子どもの将来に役立ちます。

 

子ども達がスキップの動きができるようになったら、

ぜひ「2人スキップ」をやってみてください。

友達とペアを作り、手をつないで一緒にスキップをします。

手をつなぐことで、より友達を意識することができます。

自分勝手に進んでしまわないように、

お友達とペースをあわせながら一緒に進んでいけるようにします。

最初はうまくいかなくても、声を掛け合ったり

動きを合わせようとすることがとても大切です。

人の動きに合わせようとすることが、社会性を育ててくれます。

 

慣れてきたら、コースをまっすぐだけでなく

大きなジグザグにしたり、1周回れるような円にしても良いです。

1つの遊びでもいろいろなアレンジで幅が広がり、

子ども達も飽きずに楽しみながら取り組むことができます。