「足越えクマ」で空間認知を高め、体のコントロールがスムーズになります。

私たちが歩く時、人や物にぶつからないように

瞬時に距離や位置を考え体を動かせるのは、空間認知の力があるためです。

この能力は経験によって培われていく力なので、

子ども達も遊びの中から身につけていく必要があります。

 

指導者と一緒に行なう「足越えクマ」で遊んでみましょう。

まず指導者は床に座って足を大きく開きます。

子どもは足に当たらないようにクマ歩きで渡っていきます。

何度もいったりきたりしてみましょう。

上手にできる子には、膝を上げてみたり足の幅を変えてみたりと

少し難易度を上げて行なっていきましょう。

手足をどの位置にどうやって動かせば当たらずに進めるか

考えながら、ゆっくりで良いので正確に行なうことが大切です。

 

障害物が縄や棒ではなく、先生の足なので

より踏んではいけないと思うことで慎重に確実にできますね。