逆上がりの練習の「りんごぶら下がり」で姿勢保持の力もつけることができます。

柳沢プログラムの中の「りんごぶら下がり」は、

鉄棒の逆上がりに必要な力を身に付ける遊びですが、

この遊びで腹筋や背筋を育てることで普段の姿勢作りにも効果があります。

まず、鉄棒につかまってぶら下がったら、足を曲げて持ち上げてみます。

りんごのように小さく丸くなれるようにイメージして

できるだけ足を上に上げてみましょう。

足を上げることで腹筋背筋が強く刺激されます。

 

座っているときに良い姿勢を作り維持するためには、

やはり筋力が必要になりますが、今の子ども達には不足しています。

そのため、背もたれがないと座っていられなかったり、

背中が丸まってふにゃふにゃとしてしまう子どもが多く見られます。

筋力を使った良い姿勢では、脳が活性化するので集中力が上がります。

座り方一つで学習面に差が出るのですから、

ぜひ少しずつ力をつけて、学力も上げていきましょう。