ジャンプ遊びで足裏の感覚を養うとバランスが取れるようになり転びにくくなります。

よく転んでしまう”転びやすい子”がいます。

この子達には、体の土台である足の力や感覚を育てていく必要があります。

今の子達は靴や靴下をはいていることが多く、

裸足で活動することが少ないので、足の裏で地面を蹴ったり

足の指先で地面をつかむような感覚が十分に備わっていません。

そのためにうまく地面を蹴ることや、バランスを崩しそうになった時に

足の指先の力で踏ん張ることができず転んでしまいます。

足裏の力をつけるには、ジャンプ遊びが効果的です。

ぜひ、裸足でジャンプする遊びを多く取り入れてほしいと思います。

 

運動プログラムのジャンプ遊びの一つ「陸上バタフライ」を紹介します。

これは、両腕を前に大きく回しながらジャンプする遊びです。

短縄跳びの上達につながる動きなので、

腕回しとジャンプがタイミングよくあわせられるように練習しましょう。

リズム良くできるようになったらジャンプを高くしたり、

前に進むことにもチャレンジして遊びましょう。

手と足で違う動きをするので、難しい子もいると思います。

繰り返し行い、リズムを取りやすいような声掛けでサポートしてあげましょう。